2006年05月07日

DESTINY

ある日の朝、ベランダから外を眺めていると、
向かいの家の青年がタライを据えて鳥の解体の真っ最中。
CIMG0107.JPG

小さなお店を開いている家なのですが、何でも屋さん の様な感じです。
彼は慣れた手つきで淡々とさばいていました。

日曜日の朝は闘鶏が行われます。
暇を持て余している男衆が自慢の一羽を持ち寄り賭けの始まりです。。
近所のグループでやっているだけなので それ程の大騒ぎではありませんが。。
10ペソ〜100ペソ位の間で賭けてるみたいでした。
CIMG0109.JPG

翌日、ガレージの隅に雌鳥が一羽、紐につながれているではありませんか。
どうしたの?と聞くと、お父さんが山から持ってきた。とのこと。

話によると、それは普通の鶏よりも ちょっと高級??な ビサイヤマノックなんだとか。。
まぁ、そう言われると何となく誇り高そうな姿、、、?!
CIMG0046.JPG

しかし、この時既に、余命二日の運命だったのです。
次の日の夕食後、名前でもつけてやろうかとガレージへ。
しかし、そこにはつないでいたヒモだけが・・・・

あれ?!鶏は? と嫁さんに聞くと、今食べたでしょ!おいしかったね。
でした。

彼(彼女)も運命を感じていたのでしょうか、ビサイヤマノックですから、
ビサイヤ語で話す主婦達の会話を聞いていたのか、
こんな顔が最後の写真です。
CIMG0044.JPG
posted by Daddy at 20:33| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | フィリピンでの出来事と寝言。。。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
内のakoの家の隣の土地が売られ家の建築が始まりました。約1000u売値がなんと6万ペソいくらなんでも安すぎと理由を聞くと、親戚のおばあさんの土地で、じいさんが闘鶏に狂い借金をこしらえ周囲に相談せず売ったとのこと。ばあさんさぞかしがっかりしているかと思いきや、アドレナリン全開で以前より元気と周囲も気にかけない
信じられませんでした。
私も闘鶏用の鶏食べましたが旨かった。  
Posted by panabo at 2006年05月18日 22:21
コメントありがとうございます。。
そういえは、嫁の家の近所にも いますよ、変なオジサン。。。万年酔っ払いの英語大好きじいさんが。。。。。話を聞き始めると半日相手 確実です。今日までの 生い立ちを何度も何度も、、、。そのうち、彼のカミサンが耳を引っ張って連れ帰るのを見るのがいちばん楽しいです。。
Posted by daddy:dada at 2006年05月19日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。